看護師の上手な転職方法と求人の探し方




医療現場での看護師の役割は、医師側からも患者さん側からも、とても重要です。重要であればあるほど色々精神的にも身体的にもハードですよね。心の中では、「寝る時間がない、給料が安い、あの人とはどうも合わない、もっと勉強したい」と思いながら仕事している人も多いのではないのでしょうか。

看護師不足と言われています。転職のサイトをのぞいてみると看護師の求人も多く掲載されていますが、転職してまた同じ思いをしたくないし、もっと条件が悪くなったらと思ってしまいますよね。

ここでは、看護師の上手な転職方法と求人の探し方をご紹介します。転職を考えている方は参考にしていただければと思っています。


転職の理由を明らかにしてみましょう



全ての条件が自分の理想通りという求人は、なかなか存在しないものですが、これだけは妥協できないけどこのことならどうにか受け入れられる、というご自身の中での線引きがあると思います。

とにかく人間関係が耐えられないとか、組織の在り方がいや、給料の高いところのいきたい、夜勤をやりたくない、都会に出たい、スキルアップしたい、違う分野にチャレンジしたいなど、また、とくに辞める理由はないけど新しい環境で仕事してみたいとひとそれぞれです。転職する理由を箇条書きにしてみたら、つぎの職場を選ぶのに自分のこだわる条件がはっきりしてくるのではないでしょうか。


希望の条件をはっきりさせましょう


1.人間関係に悩んで転職を考えたなら

人間関係に悩んでいて、転職したいならいまの職場から離れることが、解決になると思いますが、また同じ思いをするのも考えてしまいますよね。そういう場合は、転職先の職場の組織構成に注目してはどうでしょうか。大きい組織で相談できる人が多くいるほうが向いているひともいれば、家族的な小さな組織が向いている人もいると思います。

また、同年代の人が多くいるほうが合っている方もいれば、年上の人が多いほうが安心する方や、逆に指導する立場で若い人の中で仕事したいと思う方もいるのでは、ないでしょおうか。

2.給料の問題で転職を考えたならたなら

給料の高い職場に行きたいと思う方は多いと思いますが、提示される給料は、基本給に対して何の手当が付加されて多い額になっているのか一つ一つ確認しないと、転職してから転職する前の給料とあまり変わらないのに業務量はかえって増えてしまったということにもなります。求人サイトで高い給料の額が記載されていても常に掲載されている場合は、離職率が高い可能性も考えたほうが良さそうです。

自分で妥協できる部分が多いと思えたらより具体的に、拘束される時間や、業務内容、シフトなど確かめたほうがよりよい転職になるのではないでしょうか。

3.日勤に仕事をしたいと転職を考えたなら

夜勤のないところで働きたいと思う方も多くいるのではないでしょうか、家庭を持ってからでも働ける転職先を探したい、身体のリズムを整えて体調を元に戻したい、趣味も充実させたい等、夜間に仕事をすることでなにかと支障をきたしている人もいると思います。

収入は低くなる可能性もありますが、それ以外のことのほうが大事な場合もあるので収入の下限を設定していたほうが選びやすいです。外来だけのクリニックでも社会保険を完備しているところもあります。


これから高齢化がすすみ介護施設が政府主導で増えていくようで、訪問系(訪問看護、訪問入浴)や、通所系(デイサービス、デイケア)での看護業務の需要も伸びています。

高齢者の方の健康管理や介護業務が主になりますが、病院ではなく、独立型の施設であれば、医療的な判断も求められます。地域の医療機関との連携を図るパイプの存在も確認しておいたほうが安全に仕事ができるのではないでしょうか。


保育園での看護師の求人もあり、感染症の対策や、健康管理を保育士の補助をしながらおこなっていきます。子供が大好きで多くの子供達の世話をしたいと思う方にはおすすめです。

日勤帯で帰宅することもでき人気のようです。親御さんとコミニケーションをとりながらを身近に接し成長を見守っていけるということにやりがい感じるようです。但し、医療的な判断は他に医療職がいないので、自分でおこなうことになります。


転職する時に自分の強みを持つことが大事です



スキルアップしたい、他の分野の勉強をしたい、と思い転職を考える方もいます。実際、看護師の資格をお持ちのかたで資格の勉強をしている方は、多くいます。極端な例ですが、看護教諭になり、大学の教授になるかたもいます。転職するために、看護師プラスαの資格を取得してからという方もいます。

専門的な強みをもつことも転職に有利です。例えば専門看護師になるという方法もあります。時間を要する場合もあり、すぐにでも転職したいと思っていないならば、短長期的に計画を立てて転職を考えてみては、どうでしょうか


円満に転職する方法



一般の会社でも退職する場合でも退職の3か月前には、上司に退職の意志を伝えなければならないと言われています。看護師の場合は特に人手不足で、早めに退職の意志を伝えないと転職先が決まっていてもなかなか辞められず、又転職先が同じ地域である場合、退職時に問題があれば特に嫌な思いをし、転職が余計なストレスを生みかねません。

転職先を考えるのにあたって、自分の転職理由をはっきりさせて、情報を十分に取得することが後悔しない方法ではないでしょうか。

 保育園看護師に強い求人サイトは?

保育園看護師に強い転職サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。看護師の転職で押さえておきたい転職サイトです。 ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えています。地方の看護師求人にも強いので、合せて登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

このページの先頭へ