ブランクがある看護師の復職方法




看護師を退職をしてブランクがあるのが潜在看護師と呼ばれる人たちです。潜在看護師は看護師の仕事ができるかどうかの不安を持っています。

今は看護師不足ですからブランクがあっても真面目に仕事をしてくれる人なら大歓迎してくれるはずです。

ここではブランクがある看護師はどのように復職をすれば良いのかをアドバイスいたします。


ブランクがありますから一人で求人を探すのは大変でしょう。一番目にお薦めしたいのは、看護師専用求人サイトを利用することです。登録すれば、さまざまな看護師求人を見ることができますし、専任コンサルタントがついてくれます。

不安なことや要望があれば専任コンサルタントに気軽に相談できます。

「ブランクがあるから、しばらくは短時間勤務をしたい」といった希望を言うこともできるでしょう。ブランクがある場合にはブランクがあっても受けてくれる病院を探さなければなりません。


大半の病院はブランクがある看護師でも受け入れてくれる体制を取っていますが、応募する際にはブランクがあることははっきりと病院に伝えておくべきでしょう。

継続的に看護師として仕事をしてきた人よりもブランクがある潜在看護師は病院に不慣れですから働き方も考慮しなければなりません。初めはブランクがあるから働きにくいでしょうが、徐々に慣れていくので大きな問題にはならないでしょう。



二番目は、友達や知人が仕事をしている病院に紹介してもらうことです。サイトへ登録することなどが嫌な人は、この方法しかあません。友達や知人にブランクがあっても仕事ができかどうか聞いてもらいましょう。

もしも、その病院で仕事ができるなら心強いから一番良いでしょう。ブランクがあって不安があるからこそ、友達や知人と一緒に仕事ができれば安心できるのです。



以上、ブランクがある看護師はどのように復職をすれば良いのかをアドバイスいたしました。結婚・出産・子育てや介護が理由でブランクがあっても、看護師として復職している人は多いです。

自分ひとりで不安な気持ちを抱え込まないようにして、他人に話をしたりいろいろと聞いてみることが必要です。

 保育園看護師に強い求人サイトは?



保育園看護師に強い転職サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。看護師の転職で押さえておきたい転職サイトです。 ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えています。地方の看護師求人にも強いので、合せて登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

このページの先頭へ