看護師、転職の際は3段階で考える




看護師が転職を考える場合に自分の希望を明確にしましょう。ゴールや目的を明確にして「どの職場・医療機関へ転職するべきなのか」じっくりと考えましょう。ここでは、看護師が転職するポイントを3段階で考えてみましょう。


一番目は、転職探しをスタートする段階です。まずは次の新しい職場を探さなければなりません。

(1)自分の希望を明確に
(2)相談する人を見つける
(3)仕事探しのツールを見つける

――以上の3つを意識しましょう。

焦って転職をすると、再度転職を考えることになり膨大な時間のロスです。ひとりで転職活動をすると視野が狭くなりがちですから、第三者的にあなたを判断してくれる相談者を見つけましょう。

看護師・看護師経験者・看護関係者の中から相談できる人を探しましょう。看護師不足ですから求人は豊富で選び切れないこともあるでしょう。日本看護協会が運営しているナースセンターや看護師専門の転職支援サイトを利用すると便利です。


二番目は、病院を辞める段階です。看護師業界は広いようで狭いですから、病院の辞め方はとても大切なポイントです。

「仕事を辞める3カ月前には退職の意思を直属の上司に話す」「最後のあいさつは、きちんとしておく」――この2点はしっかりと押さえておきましょう。

退職の気持ちを伝えるのは6カ月前が理想的ですが、最低でも3カ月前には話しましょう。どこの病院も慢性的な看護師不足を訴えています。あなたが抜けると業務に支障をきたしますから、最低限の迷惑で住むよう極力早めに申し出ましょう。

看護師のみならず、お世話になった医師・薬剤師・医療事務スタッフにも、あいさつをしておきましょう。看護業界は意外と狭くいろいろなところから噂が流れます。


三番目は、新しい職場へ移った段階です。
新しい職場に移ったら「あいさつを忘れない」「知らないという勇気を持つ」ことがポイントです。

転職して数カ月は毎日誰かに自己紹介するつもりで、ていねいなあいさつをしましょう。気分が落ち込んでいるときは、あいさつも忘れがちになりますので注意しましょう。

転職先でやってしまいがちな失敗が「知ったかぶり」です。<知っていて当然>という感じで依頼された時に、「知らない」とか「できない」と言えなくなってしまう場合があります。後でそれが分かると問題になることもありますから、「知らない」という勇気を持ちましょう。


以上、看護師が転職するポイントを3段階で考えてみました。転職に不安があるのは誰でも同じですので、今回ご紹介したポイントは最低限度覚えておきましょう。


 保育園看護師に強い転職サイトは?


保育園看護師に強い転職サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。看護師の転職で押さえておきたい転職サイトです。 ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えています。地方の看護師求人にも強いので、合せて登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

このページの先頭へ