保育園看護師の役割は?




子供が大好き、子供の健康を守る仕事に就きたいなどの理由から、保育園看護師を目指す人が増えています。保育園看護師は日勤のみで育児との両立ができやすく、さらに出産や子育ての経験を活かせる仕事としても看護師に人気があるようです。

しかし、実際に保育園看護師として働きはじめると、「自分の役割は何だろうか?」と悩む看護師もいます。病棟勤務やクリニック勤務とは異なる保育園看護師の役割とはどのようなことなのでしょうか?


保育園看護師の役割



2007年に厚生労働省は、全国の私立保育園(認可)への看護師配置を促すことを決めました。これは保育園の体調不良やアレルギーの子供や、障害を持つ子供たちへの対応やケアを図ることを目的にした措置です。

こうした点からも、保育園看護師の第一の役割は「子供たちの健康を守るための充分な対応を行なうこと」であるとすることができるでしょう。

保育園看護師の基本的な3つの役割



実際に保育園(保育所)には、0歳の赤ちゃんから小学校入学前の幼児まで幅広い発達段階の子供たちがいます。保育園看護師は看護の専門家としての立場から、保育士などの職員と協力しつつ子供たちの健康管理とケアを行なう役割を担うことになります。


・園児の怪我や病気の予防・対応
その一例としては風邪などの体調不良やアレルギーのある子供への対応、障害のある子供へのケア、ノロウイルスやインフルエンザなど感染症の予防と対応、ケガや急病への対応、健康管理のための知識の伝達などが挙げられます。


・保育園職員への健康管理・指導
第二の保育園看護師の役割としては、「保育園の職員の健康ケアおよび健康管理の指導」があります。保育園には保育士や看護師だけでなく、栄養士や調理師、調理員、事務員、用務員といったように各種の業務を担当する職員が勤務しています。

このような年齢も性別も異なる多種の職員の健康管理や病気・ケガなどへの対応を行なうのも保育園看護師の重要な役割のひとつです。また、園児たちの健康保持という観点から、さまざまな職員に対して子供の健康管理に関する指導も併せて行なっていきます。


・園児の保護者への健康指導
第三の保育園看護師の役割として、「園児の父兄(保護者)に対する健康指導」が挙げられます。園児の健康管理には保育園内だけでなく、家庭における健康管理や父兄による健康指導が欠かせません。

そうした健康管理・指導のための知識を父兄に伝えたり、健康に関する質問に適切に対応するのも保育園看護師の重要な役割となります。

ここまでのまとめ

ここまで保育園看護師が果たすべき健康管理や対応、ケア、指導などについて紹介してきました。

加えて、昨今では「身体の健康」だけでなく「心の健康」の面にも目を向け、子供たちや職員のメンタル的な健康を守るための対応やケアなども保育園看護師の役割のひとつといわれています。


保護者が求める保育園看護師の役割とは?



保育園看護師によって園児の健康は守られているわけですが、子供を預ける保護者の立場からすると「もっとココをこうしてほしい!」などの要望も少なからずあると言います。

保護者の方たちは保育園看護師に対して具体的に何を求めているのでしょうか?

次では園児の親御さんの声をもとに、保育園看護師に期待される役割についてお話し致します。はじめて保育園に勤めるという看護師さんも今後のために参考にしてくださいね。

感染病の発生をリアルタイムで教えて!

子供はまだ免疫力が低いので感染病にかかりやすいです。特に冬場はインフルエンザやノロウイルスなど感染力が高い病気が園内で蔓延しやすい状態にあります。

保育園看護師が発信する月に一度のほけん便りでは「今月の中旬あたりから胃腸炎が流行ってきています。」などと、月のまとめとして感染者の人数や症状が報告されたりしますが、保護者が知りたいのはリアルタイムの情報です。


いつ一人目の感染者が出たのか、どういった症状が現れたら疑わしいのか、どのような経路で感染は広がっていくのか、登園許可は必要な病気なのか・・・そういった情報をいち早く発信してくれれば、保護者側も心構えができます。

例えば、会社にも事情を話して仕事が休みやすくなりますし、医者にかかる際もスムーズに診断を仰ぐことができたり。

そのため、感染病が発生した際は直ちに、保護者が目につくような箇所に上記の情報を書いたポスターや対策マニュアルを置く、あるいは貼るなどして注意を呼びかけるようにしましょう。

処置前の状況を詳しく教えて!

園児が怪我をした際は、看護師がその状態を見て的確に処置を行ってくれますが、後から来た保護者には、絆創膏やガーゼの下の傷具合はわかりません。

たとえ軽い怪我、切り傷だとしても、子供第一の保護者にとっては、具体的にどのような傷・症状であるのか、怪我した時はどういった状況だったのか、病院の受診は必要なのか、家ではどのような処置を行えば良いのか、と言った詳細な情報を望みます。

「ちょっとした切り傷なので心配しなくて大丈夫です。」で、済ませるのではなく、怪我をした時の状況背景やがきちんと保護者にも伝わるように説明してあげるのも、保育園看護師の大事な役割です。

病気や怪我の発生率を教えて!

いつ頃どんな病気が発生しやすいのか、どういった場所で怪我しやすいのか、そういった園児の健康に関わるデータをとって情報提供することで、保育園従事者はもちろん、保護者の危機意識が高まり、病気や怪我の発生を食い止めることに繋がります。

データは必ずしも当てはまるとは限りませんが、どんな傾向にあるのか把握しておくことは、園児や保護者、保育士など保育園全体にとって有益なことだと言えます。

こうした些細な取り組みでも、保護者には大事な子供を保育園に預ける安心材料のひとつとして重要な役割を果たします。現在活躍中の保育園看護師や、これから目指そうと考えている看護師の方は、ぜひ参考にしてくださいね。


保育園看護師の転職をお考えの方は、下記で紹介する転職サイトがおすすめです。どういった経営方針であるのか、保育園の雰囲気はどんな感じなのか、など園内の中の情報まで詳しいスタッフもいますので、失敗が少ない転職が叶いますよ。

 保育園看護師に強い求人サイトは?


保育園看護師に強い転職サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。看護師の転職で押さえておきたい転職サイトです。 ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えています。地方の看護師求人にも強いので、合せて登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

このページの先頭へ