保育園看護師になるには?必要な資格やスキルはある?




保育園ナースは、園内において園児の健康管理や衛生管理、疾病や感染病の予防なども行いますが、0歳児クラスで乳幼児を相手にするという重要な役割も担っています。

そのため、保育園ナースになるには小児科経験が必須だと考える方も多いようです。では実際には、保育園ナースとして働くには、小児科での勤務経験などは採用に影響を与えるのでしょうか?

このページでは、保育園看護師になるために必要なスキルや経験、資格などについて考えて行きたいと思います。


小児科での勤務経験は必要?



結論から申し上げると、保育園で看護師として働くために必要な資格は看護師免許だけとなっています。保育園によっては、病棟看護師の経験を求める所もありますが、特に小児科での実績や経験を採用条件に掲げる所は稀だと考えて良いでしょう。

とはいえ、保育園内で乳幼児を相手とした業務を行うことには変わりないため、小児科での実務経験があれば、仕事をスムーズに行える、知識や経験が役立つといった場面は多いでしょう。


では、保育園側はなぜ小児科経験を応募者に求めないのでしょうか?

その理由として考えられるのが、保育園における看護業務では、小児科だけでなく、内科・外科・皮膚科・歯科・救急外来など、小児科以外にも必要となる知識が多く、感染症予防や衛生管理、メンタルケアなどにも精通していることが求められるからだと考えられます。


保育士の資格があった方が採用に有利?



保育園ナースとして働く上で、保育士の資格が必要になるシーンというものはあるのでしょうか?

実際のところ、保育園ナースの求人で「要保育士資格」とされる案件はほとんどなく、看護師の国家資格さえあれば応募可能なものが大半となっています。


また、保育士の資格が採用の段階で有利に働くという例も実は少ないとされており、資格の有無よりも、コミュニケーション能力や判断力の高さ、柔軟な発想ができ子供が大好きかどうか、複数の診療科で働き幅広い医療知識があるかどうか、といった部分のほうが重視される傾向にあります。

加えて、実際に保育園で働く看護師の声として「看護師と保育士の資格を併せ持っていると、保育士の資格も持っているからという理由から、都合良く使われてしまう可能性がある」というものもあります。


ただでさえ保育補助の割合が高く、十分な看護業務ができないことで悩むケースが多い保育園ナースですので、保育士の資格を持つことで、さらに看護業務の時間を削られるのは避けたいと考える方が多いのではないでしょうか?

保育士や保護者にとっては、看護師は「いるだけで心強い医療従事者」という存在だと言われていますので、保育士の資格を取得するよりは、現場経験を積み、小児科に関連した幅広い知識を身に付ける方が有用だと言えるでしょう。


保育園ナースに求められるスキルとは



保育園で働く看護師に求められるのは、小児科をはじめとした幅広い医療・看護知識と的確な判断を下せる能力、柔軟な対応力だとされています。

保育園では日々多種多様なことが起き、園外では考えられないような突飛な出来事も起こり得る環境にあります。そのため、なにか想像を超えるようなことが起きた際に取り乱すことなく、冷静かつ柔軟に対応できる人材がなによりも求められています。


また、保育園ナースは園内において唯一の医療従事者でもあるため、園児のケガや体調不良が見つかった場合に、その症状や状態を見て瞬時に適切な処置や対応を判断する必要があります。

つまり、優柔不断で人の支持なしには動けないような人材は求められていない、というわけですね。


園児の状態が悪く園内で対処が難しい場合には、提携の医療機関や嘱託医に処置や治療を依頼することになりますが、搬送前の処置をしっかり行うことも重要となります。そのため、適切な判断力に加えて、豊富な臨床経験を持つ方、高い手技スキルをもつ人などは有用な人材と判断されると考えられます。

加えて、意外に思われる方も多いかもしれませんが、保育園ナースはある程度のパソコンスキルを持っている方が採用時に有利とされています。


病棟看護師の場合はデスクワークがそれほど多くないため、事務系のパソコンスキルはそれほど求められません。

しかし、保育園ナースの場合は、保育園の運営に関わる業務を担うことが多々あり、報告書やレポート、保護者向けのほけん便りなどのプリントといったものを作成する機会も多いため、ある程度のパソコンスキルを持っていた方が良いとされています。


保育園ナースにむいている人



保育園ナースに適正がある人、向いていると考えられる人は、次のような特徴・性格を持つ方だと考えられます。

1.子供が大好き

「保育園で働くのだから、子供好きであるのは当然だろう」と考える方も多いかもしれません。

しかし、現場では想像以上に密接に子供と触れ合い、園児の相手をすることになります。これは看護業務だけでなく保育業務の補助を行うことが関係していますが、これらの業務は、ただ単純に子供が好きなだけでは勤まりません。

子供の成長を見守り、明るい将来を守ってあげたい。そういった部分にまで想いを巡らすことができる人にこそ、適正があると言えるでしょう。

2.事務仕事をいとわない

保育園ナースの仕事は多岐にわたりますが、中でもデスクワークが占める割合は想像以上に高いものとなっています。

保育園運営に関わる検診や衛生管理の立案やスケジュール管理、報告書などの書類作成、バイタルチェックや検診の記録、保護者へのお知らせや健康指導の作成などなど、デスクワークの比重は結構高めになっています。

中には「デスクワークよりも看護業務に力を入れたい!」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、現実問題として、それらの希望が叶えられることは稀だといって良いでしょう。

3.給与水準が低くても納得できる

保育園ナースは正社員として雇い入れられるケースが少なく、多くの場合はパートやアルバイト、派遣や契約社員といった非正規雇用となります

当然、給与水準や福利厚生などの待遇は正社員と比較して悪くなり、病棟看護師から転職した場合などは、お給料の安さに驚く場合もあるかも知れません。


そのため、お金に対してガツガツする必要がなく、安めのお給料でも納得して保育園で働くことができる、という方でないとなかなか続かない職種であることを覚えておいて下さい。

余談ではありますが、保育園は私立と公立、認可保育園か認可外保育園かといった部分で、お給料に大きな差が出てきます。できるだけ高い報酬を求めたいという方は、求人を見る際にしっかり確認することをおすすめします

まとめ

  • 保育園看護師になるために必要な資格は、看護師免許のみ
  • 保育士の資格は保育園ナースの採用や査定にはそれほど影響しない
  • 小児科単独の経験や知識よりも、広範囲の医療・看護知識や実績を持つ方が高く評価される傾向にある

保育園で働きたいという看護師の数は年々増加傾向にあり、最近は優良な求人案件などでは競争率がかなり高くなるといったケースも見られるようになってきました。

こういった状況においては、人よりも早く確実に保育園ナースの求人情報を手に入れることが重要となってきます。


そこで活用したいのが看護師向けの求人サイトや転職支援サイトです。これらのサービスを利用すれば、希望する条件を登録しておくことで、条件に合った案件が出た際、すぐに求人を紹介してもらうことができます。

また、キャリアコンサルタントやアドバイザーに、求人先の職場情報を提供してもらうことができる場合などもあるので、上手にどんどん利用したいところです。

看護師向けの求人サイトや転職支援サイトは、情報の検索やメールによる情報配信、コンサルタントの利用などは全て無料となっていますので、まずは気楽に色々なサービスを試してみると良いでしょう。

 保育園看護師に強い転職サイトは?


保育園看護師に強い転職サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。看護師の転職で押さえておきたい転職サイトです。 ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えています。地方の看護師求人にも強いので、合せて登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

このページの先頭へ