保育園看護師、パート求人の注意点




最近、看護師求人でよく目にするのが「保育園(保育所)」のパート募集です。2008年から私立保育園に対して厚生労働省により看護師配置が促されるようになり、パートを含めた看護師求人が増加する傾向にあります。

厚生労働省は私立保育園への看護師配置を促進していますが、現状ではすべての保育園に看護師が置かれているわけでなくパートや派遣看護師を雇用しているケースも多いようです。


保育園看護師のパート求人募集で注意しなければならない点とは何でしょうか?看護師が保育園のパート求人募集を検討する際の注意点としては次のようなものが挙げられます。

まずひとつめは「その保育園に看護師は何名在籍しているのか」という点です。


現在、よほど大規模な保育園でない限り、看護師は1名のみの在籍というのが一般的です。もし看護師を1名しか雇用していない保育園であれば、園児や職員の健康管理やケガ・急病の対応は自分ひとりで行なうことになります。

過去に保育園看護師の経験があれば別ですが、初めて保育園で働くという場合は病院のように師長や先輩看護師がいない環境になりますので、パートであっても相応の責任が発生するということは前もって考えておいたほうがいいでしょう。


2つめは保育園看護師の仕事は看護業務だけでなく、保育業務の補助や事務系の業務なども必要となる点です。

保育業務の補助とは園児の保育(お遊戯、お歌、運動など)を担当するということで、いったん保育園に就業すれば「私は看護師であって保育士ではないからできない」ということは言えないのが現状です。


また、事務系の業務とはパソコンなどを使った「保健だより」や「年間保健計画」などの作成を指します。もちろん内容についても看護師本人が考える必要があり、さらにそれをパソコンで文書の形にしなくてはなりません。

そうした業務が苦手という人はあまり保育園看護師に向いていないかもしれません。


3つめは、根本的な問題ではありますが「病院勤務と保育園勤務は違う」という点です。保育園では看護師であっても、施設内の掃除や園庭の草むしり、遠足の準備、園内行事の際の飾り付けといった雑務を担当しなければならないケースもあります。

実際問題として、クリニック勤務から保育園勤務に変わったある看護師は「クリニックのほうが楽だった」という感想を述べているほどです。


保育園看護師は可愛い子供たちと毎日接することのできる仕事です。パートであっても看護師としての責任が問われ、かつさまざまな業務に対応していく必要がありますが、そのような点を知ったうえで自分に適していると感じるならトライしてみてもいいのではないでしょうか。

 保育園看護師に強い求人サイトは?



保育園看護師に強い転職サイトは?

  • 看護roo!

    看護roo!

    利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。看護師の転職で押さえておきたい転職サイトです。 ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えています。地方の看護師求人にも強いので、合せて登録しておきたい一社です。


     無料登録はコチラ

このページの先頭へ